賞味期限が実は食べごろ

自分の好物である、鯖の水煮缶は、製造から実は3年ぐらいたった後が一番美味しいらしいです。

缶詰は、理論的には(※ここ重要)半永久的に保存が可能である為、賞味期限はあってないようなもの…それでも缶詰の中では、相当長い時間をかけて身に味が染み込んでいく為、製造したばかりのものと3年経過したものとでは、全く美味しさが違うみたいですね!

古い商店に寄る機会があれば、賞味期限が近いものを探してみようと思います。

※ 開封時にガスがでたり、サビなどで穴が開いている者は絶対だめです。匂いがまともなら恐らく大丈夫だと思いますが…あくまで自己責任です!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中